メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=森田剛史撮影

 ◆人文・社会部門『越境者の政治史』(名古屋大学出版会、6804円)

移動する人を主役に

 受賞作は18年がかりでまとめ上げた500ページを超える大著だ。副題は「アジア太平洋における日本人の移民と植民」。北海道や、戦前は日本の主権下にあった南樺太(サハリン南部)、さらに満州(現中国東北部)、ハワイなど、近代に多くの日本人が渡った地で展開された政治的な動きを壮大なスケールで描いた。

 研究のきっかけは大学院生時代、韓国や中国、台湾からの留学生と接したことにある。「植民地支配を記憶と…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです