メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

子どもの社交場、地域の駄菓子屋 温かく見守る“姉ちゃん” /兵庫

放課後の子どもたちの社交場「淡路屋」=神戸市兵庫区笠松通7で、松本杏撮影

 神戸市兵庫区・和田岬で21年間にわたり、地域の小中学生の成長を見守ってきた駄菓子屋がある。子どもたちは店で大人や年齢の異なる友達と出会い、他人と良好な関係を築く力をおのずと身に着けていく。各地で駄菓子屋が姿を消す中、子どもたちの社交場として今も続く「淡路屋」(笠松通7)を訪ね、店主の伊藤由紀さん(46)に話を聞いた。【松本杏】

 「おかえり」「姉ちゃん、ただいま。今日行くで」。平日午後3時前になると家路を急ぐ和田岬小の児童らが…

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです