メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百聞百見とくしま

交通死亡事故、県内で急増 運転マナーも背景に 高齢者が7割超に /徳島

教習官(左)の確認を受けながら運転する講習会の参加者=徳島県阿南市西路見町の阿南自動車学校で、松山文音撮影

 県内で交通死亡事故が急増している。昨年は1年間で27人だった死者数は、今年は6日までに44人に達した。このうち65歳以上の高齢者は34人で7割超を占め、10万人当たりの死者数(15・18人)は全都道府県で最悪になっている。県警は高齢者向けの事故防止キャンペーンに力を入れている。

 「すぐに急ブレーキを踏んでも、予想より止まるまでの距離が長くなるなあ」。阿南自動車学校(阿南市西路見町)で先月あった60歳以上を対象にした講習会で、参加した60代の女性がつぶやいた。阿南市内で起きた交通事故の死亡者は約2年11カ月、65歳以上の高齢者のみ。そのため阿南署は、高齢者に重点を置いて啓発活動を続けている。

 教習車のハンドルを持った参加者は、時速30キロで急ブレーキを踏んだ場合に車が完全に停止するまでの距…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです