メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=藤井太郎撮影

 ◆企画部門 『現代語訳 吾妻鏡』全巻17冊(五味文彦、本郷和人、西田友広、遠藤珠紀、杉山巖編・吉川弘文館・全巻セット4万6872円)

鎌倉時代は日本政治の原形

 鎌倉時代の最も基本的な資料である歴史書の現代語訳を、初めて完成させた。初巻の「頼朝の挙兵」が世に出たのは2007年11月。本編計16巻の刊行を経て、今年3月、解説書的な役割を果たす別巻「鎌倉時代を探る」の配本をもって完結した。

 「共編者たちがうまくやってくれました。いろいろな人たちに声をかけた。訳文を手伝ってくれた方もいる。…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1058文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです