メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

めぶきFG 寺門一義社長

めぶきFGの寺門一義社長=安藤大介撮影

サービス向上で統合効果

 常陽銀行(茨城県)と足利銀行(栃木県)が10月1日に経営統合して、めぶきフィナンシャルグループ(FG)が発足した。貸出金利が低下し地方銀行にとっては厳しい経営環境が続いている中、政府は地元企業への更なる貢献を求めている。統合によりどのような経営を目指すのか、めぶきFGの寺門一義社長(常陽銀行頭取)に聞いた。【聞き手・松倉佑輔、安藤大介】

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1425文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです