メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

せっかく買いそろえた非常食も、適切に管理されないと賞味期限が切れて使えなくなることも=防災備蓄センター提供

 東日本大震災を機に非常食を充実させた人も多いのではないだろうか。あの日から5年8カ月。賞味期限切れに注意し、改めて備えを万全にしたい。

 ●賞味期限は25年後

 ぷりぷりのパスタと、ズッキーニなど歯ごたえのある野菜にクリームがよく絡む。ジャガイモのほくほく感が口に広がるシチューは、やさしい家庭の味。塩味ではなく、ほんのり甘いクラッカーは、しんなりしたビスケット風で喉が渇きにくい。その名も「サバイバルフーズ」。賞味期限は製造から25年後。3~5年が主流という非常食の中で断トツの長さを誇る。米オレゴンフリーズドライ社が開発した特殊加工技術で水分の98%を取り除き、脱酸素剤を封入して缶詰にした。

 洋風とり雑炊、洋風えび雑炊、野菜シチュー、チキンシチュー、野菜のクリームパスタ、マカロニアンドチー…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1510文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  2. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 辺野古埋め立て停止 ホワイトハウスへの嘆願署名10万超す
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです