メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

せっかく買いそろえた非常食も、適切に管理されないと賞味期限が切れて使えなくなることも=防災備蓄センター提供

 東日本大震災を機に非常食を充実させた人も多いのではないだろうか。あの日から5年8カ月。賞味期限切れに注意し、改めて備えを万全にしたい。

 ●賞味期限は25年後

 ぷりぷりのパスタと、ズッキーニなど歯ごたえのある野菜にクリームがよく絡む。ジャガイモのほくほく感が口に広がるシチューは、やさしい家庭の味。塩味ではなく、ほんのり甘いクラッカーは、しんなりしたビスケット風で喉が渇きにくい。その名も「サバイバルフーズ」。賞味期限は製造から25年後。3~5年が主流という非常食の中で断トツの長さを誇る。米オレゴンフリーズドライ社が開発した特殊加工技術で水分の98%を取り除き、脱酸素剤を封入して缶詰にした。

 洋風とり雑炊、洋風えび雑炊、野菜シチュー、チキンシチュー、野菜のクリームパスタ、マカロニアンドチー…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1510文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. つくば駅 「クレオ」専門店全8店、営業継続断念 閉鎖へ
  2. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  3. 特集ワイド この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 俳優・鈴木瑞穂さん
  4. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです