メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI革命

期待と課題 平野晋・中央大教授(55) 利益と費用、比較し規制を

人工知能(AI)の規制のあり方について、社会的な議論が必要と語る平野晋・中央大教授=東京都内で、吉永康朗撮影

 人工知能(AI)の発展がもたらす社会的なプラスは大きいが、プライバシーなどの権利侵害や、AIによる事故などのマイナス面も起こりうる。ルール作りが必須で、場合によっては「AI新法」が必要になるかもしれない。

 ただ、規制が過剰になるとAIの導入や開発が進まなくなる。規制は最小限にとどめる方がいい。AIのもたらす利益とコストを比較し、どこまで規制するか社会的な落とし所を探る必要がある。

 2020年にも運転手不要の「完全自動運転」を目指す動きがある。自動運転につきまとうのが、事故が避け…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです