メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

トランプ氏と異例の早期会談 外交戦略再構築へ

トランプ氏の姿勢からうかがえる安倍外交への影響

電話で協議「ニューヨークで17日会談」一致

 安倍晋三首相は10日、米大統領選で勝利した共和党のドナルド・トランプ氏と電話で協議し、ニューヨークで17日(現地時間)に会談することで一致した。異例の早期会談でトランプ氏の外交姿勢を確認し、日本外交の戦略を再構築する。安倍政権は日米同盟を基軸に対中外交や日露関係強化に取り組んできたが、トランプ氏の出方次第では戦略の修正も必要になるためだ。

 日本の首相が次期大統領と就任前に会談すること自体異例だが、選挙直後は極めて異例だ。日本側の危機感の…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文840文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです