メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「悪質、身勝手」2被告に懲役23年

砂川一家5人死傷事故 被告の主な主張と判決の認定

札幌地裁が共謀認定の判決

 北海道砂川市で昨年6月に一家5人が死傷した交通事故を巡り、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた上砂川町の建設業、谷越隆司被告(28)と同町の元解体工、古味(こみ)竜一被告(28)の裁判員裁判で、札幌地裁は10日、求刑通り両被告にいずれも懲役23年を言い渡した。田尻克已裁判長は「類を見ないほど悪質。競うように高速で走行していたのは明らかだ。赤信号を無視し、身勝手極まりない」と非難し、両被告による共謀を認定した。

     交通事故で同乗者がほう助罪に問われた事例はあるが、別々の車を運転していた複数の被告が危険運転で共謀を認定されるのは異例。

     判決によると、両被告は昨年6月6日午後10時35分ごろ、それぞれ車を運転し、砂川市の国道12号交差点に赤信号に構わず時速100キロ超で相次いで進入。谷越被告の車が歌志内市の会社員、永桶(ながおけ)弘一さん(当時44歳)ら一家5人が乗る軽ワゴン車に衝突した。車外に投げ出された長男(同16歳)が後続の古味被告の車に約1.5キロ引きずられるなど4人が死亡し、1人が重傷を負った。谷越被告は酒気帯び運転、古味被告はひき逃げの罪にも問われていた。

     両被告は公判で共謀や意図的な赤信号無視を否定し、谷越被告側は「過失運転致死傷にとどまる」と主張。古味被告は「人をひいた認識はなかった」として無罪を訴えていた。【安達恒太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中国 ナマコやエビの姿消す…党代表宿泊のホテル食材から
    2. お手柄 日本ハム、斎藤佑樹投手ら人命救助 交通事故現場
    3. 東急 田園都市線、停電で一部運転見合わせ
    4. 東京弁護士会 電話相談3309件に アディーレ処分で
    5. 人命救助 ベトナム人留学生、女性の入水自殺とめる 「助けられて良かったです」 /栃木

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]