メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

技・伝承

一位一刀彫 静かに響く独自の彫り 来年のえと「酉」の置物作り最盛期 /愛知

店舗内の工房で息子の雄大さんと作業する鈴木英之さん。この道40年以上の英之さんも大きな置物は彫るのに40日ほどかかる=岐阜県高山市で

 岐阜県高山市初田町の商店街の一角に、木彫り品の製造販売を手掛ける「鈴木彫刻」がある。昼下がり、店舗の奥にある工房では、伝統工芸士の鈴木英之さん(63)と、息子の雄大さん(27)が黙々と木を彫り進める音だけが静かに響いていた。飛騨地方伝統の「一位一刀彫」による来年のえと「酉(とり)」の置物作りの最盛期だ。秋の高山祭が終わった先月から本格化した。

 県の木、イチイ(一位)を手彫りする。木目を生かし、表面に色を塗らない。イチイは年輪が細かい。「白太…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文630文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. けいざい・因数分解 1300万円 ゆうちょ銀預け入れ限度額引き上げ 中小金融機関が警戒
  4. 東京 狛江セクハラ疑惑で組合「加害者は市長、複数相談」
  5. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]