メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

フィールドワーク、根幹に 劇作家・長田育恵(39)

=東京都杉並区の「座・高円寺」で、佐々木順一撮影

 抽象的な空間に江戸時代の女性絵師、葛飾応為(おうい)の生がほとばしる。東京都杉並区の劇場「座・高円寺」で13日まで上演中の舞台「燦々(さんさん)」。評伝劇で注目される劇作家の長田育恵(おさだいくえ)は、自らが主宰する「てがみ座」公演だけでなく、外部公演の脚本も多く手がける。12月3~18日には劇団民芸への書き下ろしで、民芸運動創始者である柳宗悦(むねよし)(1889~1961年)が生き方を模索する姿を描く「SOETSU 韓(から)くにの白き太陽」(丹野郁弓演出)が東京・日本橋の三越劇場(電話0120・03・9354)で上演される。

 評伝劇を書くようになったきっかけは、大正12(1923)年の関東大震災に興味を持ったこと。その時代…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです