メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

建設ロボット

遠隔操作でも手応え感じる 力加減しやすく 東北大など開発

ガスの充満した車内から目標物を取り出す建設ロボット。操縦者は奥のコンテナの中で遠隔操作している=仙台市青葉区で2016年11月11日、喜屋武真之介撮影

 大阪大と東北大などが、遠隔操作で繊細な作業をできる建設ロボットを開発し、11日公開した。見た目は普通の小型パワーショベルだが、新たな油圧と振動伝達システムなどにより、遠くで画面を見ながら操縦する人が、まるで実際に触っているような感覚で力加減できるのが特徴。土砂崩れや原発事故など災害現場での活用を目指す。【千葉紀和】

 内閣府が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の一環。アームの先端で物をつかむことが…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです