メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋で車衝突、10人けが 女性と子供が意識不明
名古屋城

耐震で不協和音 市長と当局

耐震性が低く、河村たかし名古屋市長が観光客の入場制限を表明した名古屋城=名古屋市中区で、本社ヘリから兵藤公治撮影

 今年4月に熊本地震で熊本城が被災したのを機に、河村たかし名古屋市長は、耐震性の低い名古屋城の早期の入場制限を表明。市当局は「ただちに危険とは言えない」と異なる見解を示し、不協和音が広がる。18日開会予定の11月議会で3度目の審議となる木造復元事業の補正予算案も絡み、先行きは不透明だ。

 「役所が待ってくれと言っている」。先月31日の定例記者会見で、入場制限の時期を問われた河村市長はいらだちを見せた。「ずっとそのままにしてきた。先輩を守っているんですよ」と、耐震対策を先送りにしてきた市当局をやり玉にあげた。

 市当局は1996年の調査で天守閣の耐震不足を把握。震度6強の地震で倒壊の恐れがあるとされた。市が耐…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1218文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです