メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋城

耐震で不協和音 市長と当局

耐震性が低く、河村たかし名古屋市長が観光客の入場制限を表明した名古屋城=名古屋市中区で、本社ヘリから兵藤公治撮影

 今年4月に熊本地震で熊本城が被災したのを機に、河村たかし名古屋市長は、耐震性の低い名古屋城の早期の入場制限を表明。市当局は「ただちに危険とは言えない」と異なる見解を示し、不協和音が広がる。18日開会予定の11月議会で3度目の審議となる木造復元事業の補正予算案も絡み、先行きは不透明だ。

 「役所が待ってくれと言っている」。先月31日の定例記者会見で、入場制限の時期を問われた河村市長はいらだちを見せた。「ずっとそのままにしてきた。先輩を守っているんですよ」と、耐震対策を先送りにしてきた市当局をやり玉にあげた。

 市当局は1996年の調査で天守閣の耐震不足を把握。震度6強の地震で倒壊の恐れがあるとされた。市が耐…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1218文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです