メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入れ墨訴訟

調査「適法」確定…大阪市職員の上告棄却

 大阪市が実施した入れ墨の有無を確認する調査への回答を拒み、懲戒処分(戒告)となった職員2人が、処分の取り消しなどを求めた2件の訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は9日付で、2人の上告を棄却する決定を出した。調査を違法として処分を無効とした1審判決を取り消し、調査を適法と認定して職員側を逆転敗訴とした2審判決が確定した。

 原告は市営バスの運転手だった安田匡(ただす)さんと市民病院の看護師だった森厚子さん。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです