メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

オバマ政権、断念 自由貿易秩序に打撃

 米政府は11日、日米など12カ国で合意した巨大自由貿易圏を構築する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について、オバマ大統領任期中の議会承認を事実上断念したと明らかにした。米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏がTPP離脱方針を撤回しない限り、現在の枠組みでのTPP発効は不可能。米政府は自由貿易の旗振り役として日本を含む各国に市場開放を求めてきただけに、世界の貿易秩序にとって大きな転換点となる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1916文字(全文2124文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです