メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

オバマ政権、断念 自由貿易秩序に打撃

 米政府は11日、日米など12カ国で合意した巨大自由貿易圏を構築する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について、オバマ大統領任期中の議会承認を事実上断念したと明らかにした。米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏がTPP離脱方針を撤回しない限り、現在の枠組みでのTPP発効は不可能。米政府は自由貿易の旗振り役として日本を含む各国に市場開放を求めてきただけに、世界の貿易秩序にとって大きな転換点となる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1916文字(全文2124文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです