メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

長時間労働の悲劇=増田寛也・元総務相

増田寛也元総務相=中村藍撮影

「日本型雇用」の改革急げ

 ドナルド・トランプ新米国大統領が現実のものとなり、世界に衝撃が走った。今年6月の英国の欧州連合(EU)離脱決定の比ではない。何をしでかすか予測不能、明らかに品性に欠け政治的手腕も未知数の人物。こうした選挙戦でのイメージを変えることができるのか。それにしても、ヒラリー・クリントン氏に代表される、ワシントンを拠点とするエスタブリッシュメント(既成の支配層)への嫌悪感がここまで強いとは。ついでに言うと、EU離脱や今回と、なぜ世論調査ははずれるのか。考えさせられる点が多い。

 米国は「世界の警察官」の役割を捨てたが、貿易分野も保護主義、すべてに内向き志向が強まるだろう。米国…

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです