メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『ヒトラーと物理学者たち』=フィリップ・ボール著

 (岩波書店・3996円)

政治・倫理的責任を遠ざけてしまう弱さ

 誰しも、戦争のための研究はしたくない。だがいま日本では、防衛省の研究公募に科学者としてどう対応するかが問題になっている。研究費が年々縮み海外の会議出席も困難になった研究者には、潤沢な資金をちらつかせる防衛研究は魅力的に映る。

 しかし先の戦争で、科学者は総動員法の下、兵器開発や生体実験にまで手を染めた。「学者の国会」たる日本学術会議はその反省を踏まえ、「科学者としての節操を守るためにも、戦争を目的とする科学の研究には、今後絶対に従わない」と宣言した(一九五〇年)。その日本学術会議が新たな「軍事研究」の誘惑にどう対処するかが、注目される。

 このタイミングで刊行された本書は、戦争と科学、科学者の倫理に大きなスケールで問題を投げかけている。…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1486文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです