メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アタラシゴト・社会を変える一歩

有機農業新規就農者、販路支援 坂ノ途中代表取締役・小野邦彦さん

柴田義雄さん(左)の畑を訪れ、ニンジンの育ち具合を聞く小野邦彦さん=京都府亀岡市で、清水優子撮影

「おいしい野菜」100年先も

 京都府の中西部に位置する亀岡市。京都市中心部から車で約40分の山あいにある約1000平方メートルの畑には、ネギや大根、ルッコラなど15種の野菜が青々とした葉を茂らせていた。

 「今年はカブの出来がいい。収穫が楽しみです」。こう笑顔で話すのは、畑の“あるじ”の柴田義雄さん(43)。5年前、21年間勤めた大手自動車メーカーを辞めて、京都市から引っ越した。以来、野菜の無農薬有機栽培に取り組んでいる。

 もともと畑いじりが好きで、31歳の時、知人から約25平方メートルの畑を借りて、独学で家庭菜園を始め…

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2261文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです