メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に私の古里、熊本県八代市の「妙見祭の神幸行事」も登録される見通しだ。熊本地震では県南地域も大きな痛手を受けただけに、市民は「復興の追い風になる」と期待している。

 妙見祭は、八代神社(妙見宮)の秋の大祭で神幸行列は約380年の歴史を誇る。大勢の観客が見守る中、武士や飾り馬、みこしなどが練り歩く。特に中国から八代へ渡来したとされる…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]