メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創刊91年の歴史で初のマンガ掲載 擬人化された“終電”が活躍

「終電ちゃん」が掲載される「JTB時刻表」12月号(左)と「終電ちゃん」コミックス1巻(右)

 “終電”を擬人化したマンガ「終電ちゃん」が19日に発売される「JTB時刻表」(JTBパブリッシング)12月号に出張掲載されることが14日、明らかになった。「JTB時刻表」にマンガが掲載されるのは創刊91年の歴史で初めて。連載誌の17日発売の「モーニング」(講談社)にはカラーの告知マンガも掲載される。

 「終電ちゃん」は「モーニング」で連載中の藤本正二さんのマンガ。擬人化された中央線や山手線など各路線の終電と、終電に関係する人びととのドラマが描かれている。コミックスは現在2巻まで発売されている。

 「JTB時刻表」に掲載されるマンガは、主要キャラの“中央線”と、JTB時刻表を使って遠方からやってくる少年との交流が描かれる16ページのオリジナルストーリー。同誌が毎年掲載している“大みそか”の運転状況についての特集ページ内で掲載される。もともとマンガの掲載を考えていた「JTB時刻表」に、「モーニング」編集部が作品内で使うために過去の時刻表について問い合わせしたことで縁ができ、「モーニング」が今回のコラボレーションを提案したという。12月8日発売の「モーニング」2・3合併号では、大みそかを舞台にした「終電ちゃん」も掲載される。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 県立幕張総合高 入試実技ひそかに優遇 体育系事前リスト
  2. 森友学園 籠池氏「2人の時、昭恵夫人から100万円」
  3. 県立幕張総合高 選手集め「うまみ必要」 驚きや怒りの声
  4. 三浦学苑高 落ちているのに「合格」 入試で8人に /神奈川
  5. 愛子さま 「世界の平和を願って」 学習院女子中等科を卒業 記念文集に作文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]