メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大野らがGS東京へ 

 全日本柔道連盟は13日、グランドスラム(GS)東京大会(12月2日~4日、東京体育館)の日本代表を発表した。各階級4人で、リオデジャネイロ五輪男子73キロ級金メダルの大野将平(旭化成)ら同五輪の代表や今回の講道館杯の優勝者らが中心。

     男子90キロ級のベイカー茉秋(東海大)、同66キロ級の海老沼匡(パーク24)、女子63キロ級の田代未来(コマツ)が負傷で欠場。女子70キロ級の田知本遥(ALSOK)、同57キロ級の松本薫(ベネシード)、同52キロ級の中村美里(三井住友海上)も休養のため、出場しない。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
    2. 首相 大丈夫?答弁の解釈、辞書になく…言葉の粗雑さ露呈
    3. 社説 深刻さ増す人手不足 政府の危機感が足りない
    4. アクセス 大丈夫?首相の言葉 「そもそも=基本的に」辞書になし 訂正でんでん、私は立法府の長…粗雑さ露呈
    5. 有田陶器市 4キロに500店舗 401年目の熱気 佐賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]