メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆供養塔

清掃25年 「広島を知った者として」被爆した佐伯さんが後押し 東京出身・平岡さん「悲惨さ伝えていく」 /広島

「土まんじゅう」とも呼ばれる原爆供養塔=広島市中区の平和記念公園で、竹内麻子撮影

 遺族が見つからない遺骨約7万柱が今も眠る平和記念公園(中区)の原爆供養塔。東京都出身の平岡満子さん(75)=東区=は約25年前、供養塔の清掃を始めた。きっかけは、長く供養塔を清掃し、被爆体験の証言をしてきた佐伯(さいき)敏子さん(96)の話を聞き、心を動かされたためだ。平岡さんは今では、観光客らに公園内を案内している。「広島を知った者として、原爆の悲惨さを広く伝えていきたい」と話す。【竹内麻子】

 佐伯さんは原爆投下時、爆心地から離れた姉の嫁ぎ先にいた。だが、市内に住む母らを捜して何日も爆心地を…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです