メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生前退位

賛成と反対各2人、条件付き1人 第3回議事録

 政府は15日午前、天皇陛下の生前退位に関する有識者会議の第3回会合(7日)の議事録を首相官邸のホームページで公表した。歴史などの専門家5人へのヒアリングについて、詳細なやりとりが明らかになった。

     それによると、退位への賛成と反対は各2人で、1人が条件付きで容認した。所功京都産業大名誉教授(日本法制文化史)は、「陛下が高齢による譲位を決心され、希望していることは明白だ」として、将来的な皇室典範改正を念頭に、今の陛下に限って退位を認める特別立法での対応を主張した。

     一方、退位に反対する大原康男国学院大名誉教授(宗教行政論)は「我が国が初めて迎えた高齢化社会と、終身在位による象徴天皇制との調和を目指す試案だ」として、高齢などを理由とした摂政の設置を求めた。

     議事録はA4判で40ページ。有識者と専門家の意見交換について、発言内容を詳しく記載する一方、質問者の氏名は伏せている。【田中裕之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
    2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
    5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです