メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発事故

中間貯蔵の本体工事開始 除染土を保管

中間貯蔵施設の建設予定地

 環境省は15日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設(同県大熊、双葉町)の本体工事を始めた。第1原発を囲む形で両町の避難指示区域約1600ヘクタールに、貯蔵施設のほか可燃物の容量を減らすため焼却施設などを整備する。来年秋の貯蔵開始を目指す。

     総事業費は1兆1000億円と見込む。県外で最終処分する方針だが、処分先は未定。

     15日は着工現場で伊藤忠彦副環境相が「ちょっとした不注意が地元の皆さんの信頼を失うことにつながりかねない。安全優先を肝に銘じてほしい」と作業員らに訓示した。この日は、整地や空間放射線量の低減のため、除草や重機で表土をはぎ取る作業を始める。【土江洋範】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
    2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
    5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]