メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平安隆さん

「悠」リリース 沖縄音楽界の重鎮が放つブルージーな民謡アルバム

思い描いていたサウンドは、シンプルに三線と歌、少しの和音と「たっぷりの遊び心」だ

 沖縄音楽界の重鎮、平安隆さん(64)が、18年ぶりのソロアルバム「悠(ゆう)」(coco←musika records、税抜き2800円)をリリースした。平安さんは島唄の歌い手「唄者(うたしゃ)」で三線弾きとしても知られるが、嘉手納基地のバンドマンから「喜納昌吉&チャンプルーズ」のギタリスト、米ギタリストのボブ・ブロズマン(1954~2013)とのデュオアルバム発表など多彩な活動を続けてきた。新作で再び沖縄民謡に立ち返った平安さんに、その思いを聞いた。【青木浩芳】

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文1726文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです