メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
つなぐ

/28 多くの問題対処に横断的枠組みを 「自死遺族支援弁護団」が「盾」に /香川

自死遺族支援弁護団について説明する生越照幸さん=大阪市で、玉木達也撮影

 来月で結成から6年になる「自死遺族支援弁護団」(事務局・大阪市)。大切な人を自死(自殺)で亡くした人々の法律相談をしている。

 医療機関やNPO、行政などと連携し、遺族のおかれた状況に配慮して、問題の解決に取り組んでいるのが特徴だ。

 弁護団を設立した背景について、弁護士で事務局長を務める生越照幸さん(46)が説明した。

 「自死遺族はたくさんの問題を抱えている。例えば、労災や借金、遺産分割など、その内容はさまざま。弁護…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです