メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/28 多くの問題対処に横断的枠組みを 「自死遺族支援弁護団」が「盾」に /香川

自死遺族支援弁護団について説明する生越照幸さん=大阪市で、玉木達也撮影

 来月で結成から6年になる「自死遺族支援弁護団」(事務局・大阪市)。大切な人を自死(自殺)で亡くした人々の法律相談をしている。

 医療機関やNPO、行政などと連携し、遺族のおかれた状況に配慮して、問題の解決に取り組んでいるのが特徴だ。

 弁護団を設立した背景について、弁護士で事務局長を務める生越照幸さん(46)が説明した。

 「自死遺族はたくさんの問題を抱えている。例えば、労災や借金、遺産分割など、その内容はさまざま。弁護…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです