メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西学生アメフット

切れ味復活ランで雪辱へ 関学・橋本

京大戦で切れ味鋭いランを見せた関学大のRB橋本=神戸ユニバー記念競技場で2016年11月6日、三浦博之撮影

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは20日、大阪・万博記念競技場で行われる関学大-立命大の全勝対決で優勝が決まる。大一番に闘志をひときわ燃やすのが関学大のRB橋本誠司(4年・清教学園)。一昨年の毎日甲子園ボウルで最優秀選手(MVP)に輝いたが、昨年はけがの影響で活躍できず、チームも立命大に敗れて2位に終わって同ボウル進出を逃した。リーグ最終戦に向けて「何としても勝って目標の日本一につなげたい」と力を込める。

 6日の京大戦では鮮やかな独走TDを決めた。同点の第2クオーター2分59秒、自陣でQB伊豆充浩(4年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです