メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

特区「民泊」認定第1号 2施設7部屋 

 国家戦略特区制度を活用して「民泊」を導入した大阪市は16日、市内の賃貸マンションなど2施設7部屋を対象施設として初めて認定した。

     認定を受けたのは2業者。インターネット宿泊仲介サービス業「とまれる」(東京都)は同市中央区島之内の賃貸マンション1室(1DK)が認定された。三口聡之介社長は「大阪市では今後も外国人旅行者は増える」と話し、同日から予約サイトで物件の公開を始めた。

     市によると、16日までの申請は3業者。数百件の事前相談があるが申請は伸び悩み、市は「宿泊日数の上限緩和を待っているのでは」と分析。政府は特区民泊の最低宿泊期間を「6泊7日」から「2泊3日」に短縮し、市も条例改正して来年1月に2泊3日とする。

     10月末に開設した違法業者の通報窓口へは、今月11日までに計91件(400施設)の情報提供があった。内訳は、無許可営業疑い60件▽治安への不安10件▽ごみ問題9件▽騒音4件--など。10月1日~11月11日に実施した現場調査は279件。【念佛明奈】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
    4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
    5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです