メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舟橋聖一文学賞

山本音也さん「本懐に候」を選出

 滋賀県彦根市は16日、単行本小説が対象の第10回舟橋聖一文学賞(賞金50万円)に東京都世田谷区の作家、山本音也さん(72)の「本懐に候」(小学館)を選んだと発表した。第28回舟橋聖一顕彰青年文学賞の最優秀賞(同50万円)には大阪市の会社員、芝山元明さん(28)の小説「青春ノチカラ」、佳作(同10万円)には埼玉県富士見市の国連機関インターン、小川七さん(29)の小説「この恋の色は灰色」を選んだ。

     いずれも井伊直弼(なおすけ)を描いた小説「花の生涯」の作者で彦根市名誉市民の故舟橋聖一氏にちなんだ賞。【西村浩一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ベルギー 工場火災でワッフル焼ける 首都ににおい充満
    2. おんなのしんぶん・TOKIO城島 出会いに感謝 男たちの真剣勝負
    3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
    4. 外国船漂着 「北朝鮮から来た」秋田・由利本荘で8人保護
    5. 漫画で解説 PTA役員は罰ゲーム!?の巻

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]