メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舟橋聖一文学賞

山本音也さん「本懐に候」を選出

 滋賀県彦根市は16日、単行本小説が対象の第10回舟橋聖一文学賞(賞金50万円)に東京都世田谷区の作家、山本音也さん(72)の「本懐に候」(小学館)を選んだと発表した。第28回舟橋聖一顕彰青年文学賞の最優秀賞(同50万円)には大阪市の会社員、芝山元明さん(28)の小説「青春ノチカラ」、佳作(同10万円)には埼玉県富士見市の国連機関インターン、小川七さん(29)の小説「この恋の色は灰色」を選んだ。

     いずれも井伊直弼(なおすけ)を描いた小説「花の生涯」の作者で彦根市名誉市民の故舟橋聖一氏にちなんだ賞。【西村浩一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 民泊監禁 大型バッグ所在不明 米国籍容疑者が処分か
    2. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
    3. 五輪スケート 韓国選手、銀でも謝罪 女子マススタート
    4. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
    5. 民泊監禁 逮捕の米国籍容疑者 SNS通じ女性と接触か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]