メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソデグロヅル

絶滅危惧種が飛来…北海道・鶴居に3羽

タンチョウ(左から2番目)の両脇で、えさをついばむソデグロヅル=2016年11月9日、タンチョウ保護研究グループ提供

 国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定するソデグロヅル3羽が北海道鶴居村に飛来し、国の特別天然記念物・タンチョウと餌をついばむ姿が確認された。タンチョウよりやや小さく、翼の先端が黒いのが特徴。釧路市のNPO法人「タンチョウ保護研究グループ」によると、道内に飛来するのは珍しい。

     同法人によると、ソデグロヅルはシベリアで繁殖し、中国の東部で越冬する。生息数は約3800羽とされ、年々減少している。同法人が8日、3羽の飛来を確認。研究者に画像を確認してもらったところ、昨年生まれの2羽と今年生まれの幼鳥とみられる。【平山公崇】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
    4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    5. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]