メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡・予算編成

歳出抑制、目標厳守を 高齢者医療費負担増も提言 財政審建議

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は17日、2017年度予算編成に関する建議をまとめ、一般歳出の伸びを年間5300億円に抑制するという政府の目標を守るよう求めた。社会保障費については、高齢者の医療費負担増などを提言。また、地方自治体に配分する地方交付税交付金の抑制も求めた。財務省は建議に沿って歳出抑制に取り組む構えだが、歳出圧力は根強く、予算の膨張を抑え込めるかは見通せない。

 「全ての歳出について、きちんと効率化してもらいたい」。財政審の吉川洋会長は、麻生太郎財務相に建議を…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです