メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京の野菜

朝どり「都産都消」拡大狙い普及協会設立

「近場にもおいしいものがありますよ」と東京野菜をPRする本多さん=小松やしほ撮影

 野菜がおいしい季節になった。野菜は鮮度が命。農家から店頭へ直送することで取れたての味が楽しめる東京産の野菜が注目されている。その魅力を広く知ってもらおうと、大田市場(東京都大田区)の仲卸業者が中心となって「東京野菜普及協会」を設立。「地産地消」ならぬ「都産都消」を掲げて販路拡大を狙う。【小松やしほ】

 代表理事の本多諭さん(45)は大田市場で60年以上続く仲卸会社「大治」の3代目社長。本多さんが東京…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1373文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです