メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園ラグビー場

改修に30億円交付金…年明けにも工事

W杯・増額分めど

 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の会場の一つとなっている東大阪市花園ラグビー場で、大規模改修にかかる約72億円を確保するめどがつき、市が年明けにも工事を始める見通しになった。市は当初、約41億円をかけて改修をする予定だったが、W杯の主催団体が追加工事を要求。約30億円とされる増額分は国の交付金などで賄うことが決まり、W杯に向けた整備が本格的に動き出す。

 市は国際試合に対応するため、今年3月、競技場の北側に新たに座席を設けることや、照明設備や大型スクリ…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文567文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです