メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブルーレイ

米国法人、規格特許で独禁法違反 公取委発表

 公正取引委員会は18日、ブルーレイディスク(BD)規格の特許を管理する米国法人「ワン・ブルー・エルエルシー」が、競争相手の取引を不当に妨害する独占禁止法違反(不公正な取引方法)行為をしていたと発表した。違反は既になくなっているとして、排除措置命令は出さなかった。

     公取委によると、ワ社は、BDを製造販売する「イメーション」(東京都渋谷区)が公正なライセンス料を支払う意向を表明しているのに、2013年6月ごろ、イ社のBDを販売する国内の小売業者3社に、ワ社の特許権者が差し止め請求権を持っていると通知。小売業者1社は15年3月ごろまでイ社のBDの販売を停止した。ワ社は「交渉を促進させるためだった」と説明しているという。

     ワ社がその後、同様の行為を行っておらず法令順守態勢が確保されていることや、イ社がBDの製造販売から撤退するなど今後はBD市場への新規参入が活発に行われる可能性は低いとして、公取委は排除措置を命じる必要はないと判断した。【高木香奈】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    2. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    3. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
    4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    5. 愛知・尾張旭 市長、不倫疑惑否定も写真「うかつだった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです