メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブルーレイ

米国法人、規格特許で独禁法違反 公取委発表

 公正取引委員会は18日、ブルーレイディスク(BD)規格の特許を管理する米国法人「ワン・ブルー・エルエルシー」が、競争相手の取引を不当に妨害する独占禁止法違反(不公正な取引方法)行為をしていたと発表した。違反は既になくなっているとして、排除措置命令は出さなかった。

     公取委によると、ワ社は、BDを製造販売する「イメーション」(東京都渋谷区)が公正なライセンス料を支払う意向を表明しているのに、2013年6月ごろ、イ社のBDを販売する国内の小売業者3社に、ワ社の特許権者が差し止め請求権を持っていると通知。小売業者1社は15年3月ごろまでイ社のBDの販売を停止した。ワ社は「交渉を促進させるためだった」と説明しているという。

     ワ社がその後、同様の行為を行っておらず法令順守態勢が確保されていることや、イ社がBDの製造販売から撤退するなど今後はBD市場への新規参入が活発に行われる可能性は低いとして、公取委は排除措置を命じる必要はないと判断した。【高木香奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. リニア不正受注 大手ゼネコン一斉捜索へ 大林以外3社も
    2. 加熱式たばこ 屋内規制か 国と都の対応異なる可能性
    3. キャンパる 進む短大統廃合、なぜ? 19年度募集停止の「青短」学長に聞く
    4. ハイキュー!! 岩手県軽米町モデル ファンが聖地巡礼
    5. リニア大林組捜索 業界に衝撃 工費9兆円、巨大な利権

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]