メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チーミーさん 自分なりにアレンジしてね

 音楽会社おんがくがいしゃのソニーミュージックによるどもけサービス「KIDSTONEキッズトーン」のウェブサイトは、工作こうさくやオリジナル動画どうがられるたのしいページです。「工作こうさくレシピ」のコーナーには、クリスマスをまえに、アーティストのチーミーさんの作品さくひん「ぼよよ~んサンタ」がくわわりました。チーミーさんに、作品さくひんたのしみかたなどをきました。【浅川淑子あさかわよしこ

     ☆どんな作品さくひんですか。

     ★サンタクロースがばねのように「ぼよよ~ん」と作品さくひんです。ばねの部分ぶぶん牛乳ぎゅうにゅうパックとゴムを使つかい、マスキングテープでいろをつけました。なつぎてふとってしまい、煙突えんとつからられなくなりそうなサンタさんをイメージしています。

     ☆おすすめのあそかたは。

     ★ばねのかずやすとさらにぼよよ~んとします。それだけで1時間じかんぐらいはあそべます。煙突えんとつには、スパンコールやフェルトでゆきつくるのもおすすめです。いろいろつくってみんなで交換こうかんしてあそんでください。

     ☆いつもどのようにアイデアをかんがえますか。

     ★仕上しあげたいかたちかんがえて、それから必要ひつよう材料ざいりょうえらんで、じっくりとつくることがおおいです。工作こうさく音楽おんがくも、ようまねできにつくってきました。

     ☆おもどおりにつくるのは簡単かんたんですか。

     ★ゼロからつくるのはむずかしいかもしれない。みなさんは基本きほんかたちを「工作こうさくレシピ」などをつくり、100とおりにアレンジする気持きもちで工夫くふうするといいですよ。おもどおりにできるともっとたのしくなります。

     ☆ちいさいころはどんな作品さくひんつくっていましたか。

     ★クリスマスのまえにはクリスマスカードをつくったり、だんボールでかざりをつくったりしていました。普段ふだんから、映画監督えいがかんとくのように映画えいがてくるシーンをミニカーで再現さいげんしたり、映画えいが家具かぐつくったり、かんがえたことをかたちにするのがきでした。

     ☆小学生しょうがくせいのころはなにになりたかったですか。

     ★学校がっこう先生せんせいだったははて、先生せんせいになりたいとおもっていました。どもにかこまれた姿すがたがきらきらしてえたのです。大学だいがく先生せんせいになる資格しかくりましたが、ちゅう2のころから自由じゆうつくってきた音楽おんがく仕事しごとにつながりました。いまどもけの音楽おんがくつくり、教育きょういく音楽おんがくというふたつのゆめ同時どうじにできています。

     ☆どんな小学生しょうがくせいでしたか。

     ★水泳すいえいとサッカー、野球やきゅうならっていて、いそがしかったです。両親りょうしんには「やりはじめたことはむずかしくてもつづけなさい」とわれました。くと、どれもたのしかったです。みなさんもいろいろチャレンジして、工作こうさくではたのしいものをつくってください。


    プロフィル◇

     2010ねんにCD「フレ!フレ!大丈夫だいじょうぶ!」でデビュー。「いにけるうたのおにいさん」として全国ぜんこくのイベントに出演しゅつえん。NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」のうた「ボロボロロケット」をつくるなど、作詞さくし作曲家さっきょくかとしても活躍かつやく現在げんざい、NHK Eテレ「ノージーのひらめき工房こうぼう」に出演しゅつえんし、音楽おんがく担当たんとうする。


     <クリスマスライブ開催かいさい

     12がつ25にちにち)13と15時半じはんの2回公演かいこうえん東京都千代田区とうきょうとちよだくのよみうり大手町おおてまちホールで。チケットは小学生以上しょうがくせいいじょうひとり2500えんくわしくは「KIDSTONEキッズトーン」のウェブサイト(http://kidstone.net/)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    2. WEB CARTOP [女子の本音]これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選
    3. NHK ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象
    4. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    5. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]