メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国的話題

(86)中国にもある「選挙」

 北京に属する区以下の人民代表大会(人代、地方議会に相当)の代表(議員)選挙が11月15日に投票された。中国では全国や省、直轄市の人代代表は間接選挙で選ばれるが、日本の市町村にあたる基礎自治体の人代代表は5年に一度、直接投票で選ばれる。ただし、党や関連組織の後ろ盾がない独立候補は選挙妨害を受けたり、候補者の事前審査などによって最終的に投票対象から除外されたりしており、民意が完全に反映されるとは言えない仕組みだ。

 国営新華社通信などによると、北京市内の有権者数は約900万人。約1万2000カ所の投票所が設けられ…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1012文字)

工藤哲

上海支局記者 1999年入社。盛岡支局、東京社会部、外信部、中国総局(北京、2011~16年)、特別報道グループ、外信部を経て、2018年4月から現職。北京駐在時には反日デモや習近平指導部が発足した第18回共産党大会などを取材してきた。著書に「中国人の本音日本をこう見ている」(平凡社新書)など。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです