メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『謹訳 平家物語[四]』 著者・林望さん

 (祥伝社・1944円)

「もののあはれ」凝縮した純文学 林望(はやし・のぞむ)さん

 幼い安徳天皇が尋ねる。<私をどこへ連れてゆこうとするのじゃ>。ここは壇ノ浦の波の上。源平両軍が対峙(たいじ)している。<いよいよ源氏の兵(つわもの)どもが平家の舟に乗り移ってくる、そうして船頭や水夫どもも、みな射殺(いころ)され、斬り殺されて、船の体勢を立て直すこともできず、ばたばたと船底に倒れ伏してしまいます>。二位尼殿(にいのあまどの)は天皇を抱き<「浪(なみ)の下にも都がございますぞ」と慰め申し上げて、そのまま千尋(ちひろ)の深き海底へとお入りになったのでございます>。

 涙また涙である。「都落ちから徐々に不利に陥った平家が、一の谷の合戦(第三巻所収)を転換点として一気…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1078文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
  3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
  4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
  5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]