メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『謹訳 平家物語[四]』 著者・林望さん

 (祥伝社・1944円)

「もののあはれ」凝縮した純文学 林望(はやし・のぞむ)さん

 幼い安徳天皇が尋ねる。<私をどこへ連れてゆこうとするのじゃ>。ここは壇ノ浦の波の上。源平両軍が対峙(たいじ)している。<いよいよ源氏の兵(つわもの)どもが平家の舟に乗り移ってくる、そうして船頭や水夫どもも、みな射殺(いころ)され、斬り殺されて、船の体勢を立て直すこともできず、ばたばたと船底に倒れ伏してしまいます>。二位尼殿(にいのあまどの)は天皇を抱き<「浪(なみ)の下にも都がございますぞ」と慰め申し上げて、そのまま千尋(ちひろ)の深き海底へとお入りになったのでございます>。

 涙また涙である。「都落ちから徐々に不利に陥った平家が、一の谷の合戦(第三巻所収)を転換点として一気…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1078文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです