メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁電王戦

治勲がソフトに先勝…第1局

電王戦で囲碁ソフト「DeepZenGo」と対局する二十五世本因坊治勲(右)。左はソフト開発者の加藤英樹さん=東京都千代田区で2016年11月19日午後1時3分、徳野仁子撮影

 二十五世本因坊治勲(趙治勲九段)と囲碁ソフト「DeepZenGo」が対局する第2回囲碁電王戦三番勝負第1局が19日、東京都内で打たれ、治勲が223手で黒番中押し勝ちした。国内で棋士とソフトが、ハンディなく19路盤で対局するのは初めて。飛躍的に実力を伸ばしたソフトに対し、史上最多74のタイトル獲得・優勝回数を誇るトップ棋士が、中盤まで不利と見られながらも意地を見せ先勝した。

 今年3月、米グーグル傘下の人工知能(AI)開発企業のソフト「アルファ碁」が世界トップ級の李世乭(イ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです