メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネット教育

大阪府は10歳以下も…出前授業やルール指南

児童らにインターネットやSNSの安全な使い方を教える兵庫県立大の学生=大阪府交野市で2016年10月12日、川平愛撮影

 スマートフォン(スマホ)やタブレットなどの普及でインターネット利用の低年齢化が進み、安全な使い方やトラブルの防止策を教える対象年齢も下がってきた。大阪府は10歳以下の小学生向けの講座を初めて開き、保護者が小さな子どもに適切な使い方を教えるための取り組みも各地で広がっている。

 大阪府が10月中旬、交野市立長宝寺小で開いた講座には3、4年の約60人が参加。講師は兵庫県立大の学生らでつくるソーシャルメディア研究会の3人で、無料通信アプリ「LINE(ライン)」でトラブルになった女児を例に、ネットやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の使い方を助言した。

 女児は友人にもらったぬいぐるみを気に入り、賛同してもらおうと、画像と一緒に「かわいくない」とメッセ…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文815文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]