メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

華恵の本と私の物語

/4 コップをわったねずみくん

 「こまりましたねぇ、ハナエさんの作品さくひんだけがないって……。それでは、一年ねん一組くみのみんなでさがしましょう」

     先生せんせい言葉ことば合図あいずに、クラスのみんなががり、教室きょうしつすみ掃除そうじロッカーのかげさがはじめた。「こっちこっち」とか「どこかなー」とか、まるで宝探たからさがしをするかのようにたのしそう。わたしは、ゴミばこちかくをうろうろした。

     つからなくていい。むしろつからないでほしい。全員ぜんいん作品さくひん廊下ろうか展示てんじするなんてきゅうわれてもこまる。みんなのにさらすなんて、ずかしくて、えられない。先生せんせいに、「なくなりました」とはなしたら、展示てんじからのがれられるとおもったのに。こんな事態じたいになるなんて……。

     先生せんせいが、ふと、廊下ろうかほうた。そのあいだにわたしは、ゴミばこをのぞいた。あった。クラッシュして、わずかにくるまかたちのこした物体ぶったいが、さかさまにんである。

     わたしはそれをし、教壇きょうだんかった。

    先生せんせい、ありました」

    「どこにあったの?」

    「ゴミばこなかです」

     先生せんせいはわたしのをのぞきむ。

     こめかみからみみにかけて、じわっとあつくなってくる。

    「そうなの。よかったわね。みんな、ハナエさんの作品さくひんつかりました! このなかに、てたひとがいたら、先生せんせい正直しょうじきってね」

     みんなが自分じぶんせきにもどっていく。あっという宝探たからさがしがわって、ちょっとつまらなそうだ。わたしももどろうとしたとき先生せんせいにやさしくめられた。

    「ハナエさん、かえりのかいわったら、職員室しょくいんしつにきてね」

     放課後ほうかご職員室しょくいんしつくと、先生せんせい表情ひょうじょうすこかたかった。

    「あ、ハナエさん、きたのね」

     あれ? こえひくい。

    「どうして自分じぶん図工ずこう作品さくひんを、ゴミばこてたの?」

     ドクン、とのどおくのあたりからおとがした。

     ……いつから? 先生せんせいはいつからづいていたの?

     こえない。みみまわりにせまってくるドクンドクンというおときながら、わたしは、自分じぶん上履うわばきをじっとていた。

    +  +  +  +  +

     自分じぶんのやったことを、だれかのせいにしてしまいたいときって、ありますよね。

     『コップをわったねずみくん』では、ねずみくんが、コップをってしまい、ぞうさんや、きりんさんや、あしかくんのせいにしようとかんがえます。ねずみくんは、うそをつかない勇気ゆうきをもつことができるでしょうか。

     わたしも、二十年近ねんちかくもまえのことなのに、いまでもときどきこうしておもします。してしまいたい、「うそ」のおもです。<毎月第まいつきだい日曜日掲載にちようびけいさい


     エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
    3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
    4. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
    5. フィギュアスケート プリンスアイスワールド開幕 氷上の舞、湖国魅了 10年ぶりの公演 五輪の感動再び 大津 /滋賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]