メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・楢葉

ハクチョウ激減 消えた「冬の風物詩」

楢葉町の上繁岡大堤に飛来したハクチョウ。東日本大震災前には毎年1000羽近くが集まっていた=福島県楢葉町上繁岡で2016年11月15日午後0時47分、乾達撮影

 福島県楢葉町のため池「上繁岡大堤(かみしげおかおおつつみ)」に冬の使者・ハクチョウが飛来し、水底のエサをついばんで羽を休めている。除染の準備作業が始まった影響で数は日ごとに変わっており、最大で30羽ほどが見られたという。ただ1000羽近くが池を埋め尽くし町の「冬の風物詩」となっていた東日本大震災前の光景にはほど遠く、世話をしてきた住民からは「寂しい」との声も漏れる。【乾達】

 町民で作る「白鳥を守る会」(松本重義会長)によると、2.25ヘクタールの池には1980年代から飛来…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文845文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです