メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

仙台港で1.4メートルの津波を観測

福島県沿岸に津波警報が発令され対応に追われる福島県危機管理部の職員ら=福島市杉妻町の福島県庁で2016年11月22日午前6時40分、曽根田和久撮影

 気象庁によると、22日午前6時49分、福島県いわき市小名浜で60センチの津波を観測した。午前7時6分には、福島県の相馬港で90センチの津波を観測した。仙台港では午前8時3分に1メートル40センチの津波を観測した。また、茨城県大洗で50センチ、千葉県勝浦で30センチの津波を観測した。津波はさらに各地の沿岸に到達し、宮城県石巻市鮎川、岩手県大船渡でも観測された。気象庁は、沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難するよう呼びかけている。

 津波による潮位変化が観測されてから最大波が観測されるまでに数時間以上かかることがある。場所によっては、観測した津波の高さよりさらに大きな津波が到達しているおそれがある。今後、津波の高さは更に高くなることも考えられる。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩倉こ線橋 撤去進む謎の橋 田んぼの中ポツン 愛知
  2. ORICON NEWS 大槻ケンヂ「朝7時、ダムに集合」に衝撃 東映特撮の洗礼受ける
  3. イチロー 便り待つ冬 日米の古巣2球団、獲得意欲に差
  4. 不正輸出 中国人留学生、軍・大学に10点売り込み
  5. 自民・山本前地方創生担当相 アフリカを「あんな黒いの」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]