メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島震度5弱

仙台津波1.4m 「東日本」以降最大

砂押川を逆流する津波=宮城県多賀城市で2016年11月22日、宮城県警提供動画より
各地で観測された津波

 22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、福島、茨城、栃木3県で震度5弱、北海道から中国地方までの広い範囲で震度4~1を観測した。津波警報や注意報が青森県から千葉県にかけての太平洋岸と伊豆諸島に出され、沿岸部の住民らが避難。同8時3分に仙台市の仙台港で最大1.4メートルの津波を観測した。気象庁によると、震源地は福島県いわき市の東北東沖約70キロで、深さは約25キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.4と推定される。

 気象庁は2011年3月11日に起きた東日本大震災の余震とみている。大震災当日を除く余震としては、マグニチュード、津波高ともに最大となった。

 M7以上の余震は14年7月以来で、津波警報は12年12月以来。M7以上の余震は15年を除き、毎年発生している。

 毎日新聞のまとめでは、避難指示は26市町村、避難勧告は22市町村に出された。総務省消防庁の調べでは、岩手、福島、宮城3県で指示は少なくとも約39万人、勧告は約4万人に出された。実際に避難した人は、判明分だけでも約4000人にのぼり、自治体が把握していない避難者も多数いるとみられる。

 また、避難の際に転倒したり、割れたガラスで足を切ったりするなどし、少なくとも12人がけがをした。福島県郡山市では女性(82)が地震直後に転倒して左手首を骨折した。千葉県柏市でも女性(82)が自宅階段から落ち、右足の骨を折った。

 午前9時13分に発表された各地の最大津波は、福島県相馬市90センチ▽宮城県石巻市、岩手県久慈市80センチ▽茨城県大洗町50センチ▽千葉県勝浦市、東京都八丈町(八丈島)30センチ--など。

 気象庁の中村浩二・地震情報企画官は「震災から5年以上経過して地震活動は収まりつつあるが、まだ活発な状況。今後も今回と同規模の地震が起きる可能性がある」と注意を呼びかけた。

 気象庁は地震発生から約2分後の午前6時2分に福島県に津波警報を出し、同7時過ぎに同県相馬市で最大90センチの津波を観測した。しかし、同8時3分に仙台港で1.4メートルを観測したため、同8時9分に宮城県にも津波警報を出した。警報は同9時46分、両県で津波注意報に引き下げられた。注意報も午後0時50分にすべて解除された。【山崎征克】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです