メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 民進党の野田佳彦幹事長は21日の記者会見で、天皇陛下の生前退位に関する政府の有識者会議が、専門家から聴取した8項目について「(陛下が)おっしゃった言葉と全く違う『公務負担軽減』とか『摂政』という項目が入っている。本質からあえてずらそうとしているのではないか」と批判した。専門家の人選にも「(陛下の)意に反する発言をする人を呼び集めるやり方に強い違和感を感じる。危惧を持つ」と述べた。

     野田氏は、特例法に基づく退位なら皇室典範改正より迅速に対応できるとする意見について、「限られた条文で対応するなら典範改正だって労力は同じだ。俗論が変に強く出ていることにも危惧を持つ」とけん制した。【朝日弘行】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ
    2. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席
    3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、理事長選で思惑…モンゴル報道
    4. 4乳児遺体遺棄 53歳女逮捕「産んですぐバケツに」大阪
    5. 森友問題 8億円下げ「根拠不十分」…会計検査院

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]