メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 民進党の野田佳彦幹事長は21日の記者会見で、天皇陛下の生前退位に関する政府の有識者会議が、専門家から聴取した8項目について「(陛下が)おっしゃった言葉と全く違う『公務負担軽減』とか『摂政』という項目が入っている。本質からあえてずらそうとしているのではないか」と批判した。専門家の人選にも「(陛下の)意に反する発言をする人を呼び集めるやり方に強い違和感を感じる。危惧を持つ」と述べた。

     野田氏は、特例法に基づく退位なら皇室典範改正より迅速に対応できるとする意見について、「限られた条文で対応するなら典範改正だって労力は同じだ。俗論が変に強く出ていることにも危惧を持つ」とけん制した。【朝日弘行】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
    2. かぼちゃの馬車 借金背負った多数のオーナー「なぜ破綻」
    3. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
    4. ネモフィラ 空色に染まる広場 岐阜・可児
    5. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]