メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いにしえの秘法 三佛寺炎の祭典(鳥取県三朝町)

 ほら貝の音、赤々と燃える炎、願いを胸に裸足で火を渡る参拝客。鳥取県三朝町の山深い古刹(こさつ)、三徳山三佛寺で毎年10月末、修験道の秘法を今に伝える「炎の祭典」が行われている。鳥取市のアマチュアカメラマン、濱本良雄さん(89)の写真で2014(平成26)年の祭りの様子をどうぞ。

写真・キャプション 濱本良雄 

「神と仏が宿る山」三佛寺(米田良中住職)は天台宗の古刹。役行者(えんのぎょうじゃ)が法力でお堂を投げ入れたと伝えられる「投入堂」が有名 

多くの参拝客ですり減った石段。1300年の歴史を物語る 

三徳山三佛寺本堂。06(平成18)年から、三徳山三佛寺1300年祭にあわせて投入堂ほか各堂、仏像が修復され、最後に本堂の修復終了をもって11(平成23)年4月23日、結願法要が盛大に行われた 

僧侶や行者らが護摩札をささげ持ち石段を下る 

護摩たきが行われる広場を、ほら貝を吹きながら行進する僧侶ら 

米田住職が参拝者の願意、世界平和の願文を読み上げる 

行者が悪霊、邪気を封じ込める儀式。まずは斧(おの)で 

7本の矢を東西南北、上方に放って悪霊、邪気を封じ込める

行者が悪霊、邪気を封じ込める儀式。続いて剣を払う 

護摩に火が放たれ、立ちこめる黒煙であたりが薄暗くなる

護摩点灯で炎が赤々と上がり、僧侶や行者が一心に読経する 

家内安全、身体健全、良縁、そのほか数々の願いごとが記された護摩木を火の中へ 

三佛寺住職が「けがのないように」と火渡り宣言をして、自ら火の上へ 

多くの参拝者も素足になって火渡り。厄よけを祈願し、願いごとを胸に、両手を合わせて渡りきる 

撮影者の横顔

 濱本良雄さんは1927(昭和2)年5月、鳥取県三朝町生まれの89歳。三佛寺の春の縁日は幼い頃の思い出。花や夕日、鳥取砂丘などを主に撮影、60歳ごろから写真展出品も。三佛寺は「断崖絶壁に建つ投入堂をぜひ見てほしい。あの場所には、現在の技術でもなかなか造れない。世界遺産登録を目指しています」

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 将棋 藤井四段29連勝 14歳、新記録樹立
  2. 藤井四段 歴史を塗り替えた 指し手、正確で厳しく
  3. 横浜市鶴見区 「藤井四段」名乗る寄付 将棋セットなど
  4. 日清食品 カップ麺「黒歴史トリオ」 意地の再発売
  5. 将棋 藤井四段「28連勝、ツキがあったと感じる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]