メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

ベネッセホールディングス 安達保社長

=小出洋平撮影

タブレットと紙教材、刷新

 2014年の個人情報流出事件を機に会員減少に歯止めがかからない通信教育大手のベネッセホールディングス(HD)。少子化など事業環境が厳しさを増す中、経営をいかに立て直すかが課題だ。米投資ファンド、カーライル・グループ日本法人会長から今年10月に社長に就任した安達保氏に、今後の経営戦略を聞いた。【聞き手・浜中慎哉】

 --ベネッセHDとの関わりは何ですか?

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1096文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]