メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

ベネッセホールディングス 安達保社長

=小出洋平撮影

タブレットと紙教材、刷新

 2014年の個人情報流出事件を機に会員減少に歯止めがかからない通信教育大手のベネッセホールディングス(HD)。少子化など事業環境が厳しさを増す中、経営をいかに立て直すかが課題だ。米投資ファンド、カーライル・グループ日本法人会長から今年10月に社長に就任した安達保氏に、今後の経営戦略を聞いた。【聞き手・浜中慎哉】

 --ベネッセHDとの関わりは何ですか?

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1096文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
  4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
  5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]