メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

ベネッセホールディングス 安達保社長

=小出洋平撮影

タブレットと紙教材、刷新

 2014年の個人情報流出事件を機に会員減少に歯止めがかからない通信教育大手のベネッセホールディングス(HD)。少子化など事業環境が厳しさを増す中、経営をいかに立て直すかが課題だ。米投資ファンド、カーライル・グループ日本法人会長から今年10月に社長に就任した安達保氏に、今後の経営戦略を聞いた。【聞き手・浜中慎哉】

 --ベネッセHDとの関わりは何ですか?

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです