メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

ベネッセホールディングス 安達保社長

=小出洋平撮影

タブレットと紙教材、刷新

 2014年の個人情報流出事件を機に会員減少に歯止めがかからない通信教育大手のベネッセホールディングス(HD)。少子化など事業環境が厳しさを増す中、経営をいかに立て直すかが課題だ。米投資ファンド、カーライル・グループ日本法人会長から今年10月に社長に就任した安達保氏に、今後の経営戦略を聞いた。【聞き手・浜中慎哉】

 --ベネッセHDとの関わりは何ですか?

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1096文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 大阪・松井知事 公用車で庁舎周辺巡回、車内で喫煙
  4. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  5. 渡辺復興相 代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです