メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

師弟で目指す2020

全日本実業団対抗女子駅伝/中 「五輪へ」支えに復活 鷲見梓沙(20)/小出義雄氏

鷲見(左)に体重コントロールの大切さを説く小出代表

 昨冬から長期の故障で悩むエースを支えたのは、77歳の名伯楽が繰り返し掛けた「東京五輪に行くぞ」という言葉だった。ユニバーサルエンターテインメントの鷲見梓沙(すみ・あずさ=20)は「会うたびに言ってくれた。頑張ろうと思えた」と、チームの指導を委託されている佐倉アスリート倶楽部の小出義雄代表の心遣いに感謝する。

 鷲見は愛知・豊川高で全国高校駅伝優勝に貢献し、昨年は高卒1年目で世界選手権北京大会に出場した逸材だ…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです