メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁電王戦

趙九段がAIに勝つ 最終局で2勝1敗

趙治勲九段

治勲「ソフトは強いところと弱いところがあり人間味感じた」

 二十五世本因坊治勲(趙治勲九段)と国産囲碁ソフト「DeepZenGo」が対局、1勝1敗で迎えた第2回囲碁電王戦三番勝負第3局は23日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれ、治勲が167手で黒番中押し勝ちし、2勝1敗で勝ち越した。ハンディなしでソフトと棋士が国内で初めて対局したが、トップ棋士が貫禄を示した。

 世界トップ棋士級の実力を示した米グーグル傘下の人工知能(AI)開発企業のソフト「アルファ碁」超えを…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです