メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山

冬季登山は危険 閉山期に遭難事故多発

2人が滑落した富士山須走ルート9合目付近(中央右付近)。左下は山頂=富士山上空で2016年11月20日午後2時11分、本社ヘリから宮間俊樹撮影

 富士山で20日、須走ルート9合目付近で男性登山客2人が滑落して死亡し、21日には御殿場ルート6~7合目付近でも登山中だったとみられる男性の遺体が見つかった。夏山シーズン以外に富士山を登る人は少なくないが、積雪や強風で滑落するなどの遭難も後を絶たず、静岡、山梨両県警のまとめによると、2012年秋~今年10月末の閉山期に富士山で起きた遭難事故は計91件で計30人が死亡している。両県警は「冬山の経験や知識がない人は登らないで」と呼びかけている。

 両県は7~9月の開山期間以外の登山は原則禁止にしており、富士宮、御殿場、須走、吉田の4ルートの登山…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです