メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

怒りの“手紙”330万円で落札 ポール夫妻に「目覚ませ」

 ビートルズの元メンバーの故ジョン・レノン(享年40)が生前、ポール・マッカートニー(74)夫妻に対して怒りをぶちまけた手紙の下書きがこのほど米ボストンで競売にかけられ、約2万9800ドル(約330万円)でテキサス州のコレクターに落札された。

     共同電によると、手紙は便箋2枚にタイプで打たれ、手書きで推敲(すいこう)した跡がある。署名はなく、1971年ごろに書かれた。

     マッカートニーの当時の妻だった故リンダさん(享年56)が、公に発表しないままビートルズから脱退する考えを伝えたレノンを批判し、これに反論した手紙とみられる。手紙の存在は2012年ごろ公になった。

     レノンは手紙でアーティストのオノ・ヨーコ(83)との結婚後、2人に対するマッカートニーらの対応がひどいなどと非難。「現在の芸術の大半はビートルズのおかげで生まれたと本気で考えているのか。ポール、君がそこまでおかしいとは思わない。目を覚ませ」などと強い口調でつづられている。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. いちご100% 河下水希の人気ラブコメが12年ぶり復活 4月から続編連載へ
    2. 訃報 佐藤大輔さん52歳=作家
    3. 大相撲春場所 稀勢、奇跡の2番 22年ぶり新横綱優勝
    4. 大相撲春場所 負傷の稀勢の里が優勝 優勝決定戦でも連勝
    5. 大相撲春場所 奇跡的2連勝 稀勢の里、照ノ富士を逆転

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]